アフターピルで身を守れ!

アフターピルで身を守れ!

アイピルはレボノルゲストレスという黄体ホルモンを含有している医薬品であり、精子の着床を阻害する強い作用を持っているアフターピルとして注目を集めています。
緊急避妊ピルとも呼ばれるぐらい、急に避妊が必要になった場合でも使用できるので、若い女性の中にはアイピルを常備している方も多くなっています。
レボノルゲストレスは他のアフターピルに利用されている成分な為に、比較対象として複数のアフターピルを挙げやすいのも、常備しておく医薬品を決める際には大きな利点になってくれます。
アイピルの場合は過剰にレボノルゲストレスを含んでいるということもありませんので、身体に対する負担の少なさを意識して利用する医薬品を決めたい方でも安心です。
24時間以内での使用により9割以上の確率で精子の着床を防ぐという効果の高さも、アイピルの評判の良い理由となっています。
性行為を行ってから三日間以内に服用する事が推奨されております。
ホルモンバランスを崩すことで、妊娠しない身体を一時的に作り上げ受精を阻害してくれるものですが、効果は一時的なものということを理解しておきましょう。
この医薬品を服用することによって何ヶ月も妊娠することがないというものではありません。
またこのアイピルは、身体に対する負担が大きすぎない医薬品として評価されています。
生理を強制的に引き起こす作用を持っている医薬品なので、身体に対する負担を考え毎日の服用はしないように気を付けなければいけません。
服用後は一週間を過ぎても生理が起きない場合は、妊娠をしている可能性を考え、いつでも検査を受けられる状態にはしておいてください。
それさえ意識して使用すれば、妊娠を防げたかが分かりやすい医薬品といえます。
効果には信頼を置かれていますが副作用も僅かにあるもので、使用後に吐き気を催す可能性もあるのでご注意ください。
特に気を付けておきたいのが、アイピルを服用後の副作用によって嘔吐をしてしまった場合で、受精を阻害する効果が発揮される前に嘔吐をしてしまうと、アフターピルとしての役割を果たせずに妊娠してしまう可能性があります。
服用後から3時間以内は嘔吐をしてしまわないように、吐き気止めなどを併せて使用しておきましょう。
性行為の最中にコンドームが破れていてヒヤッとしたという経験があるような方が、常備薬としてアイピルを購入している方も増えてきています。
一錠ごとのサイズも小さい為に、持ち運びにも苦労しません。