オーラルセックスの危険性

オーラルセックスの危険性

性感染症というとエイズやクラミジアやカンジダなどが有名であり、淋病をあまり知らない人も多いです。
しかし、性感染症全体で見ると感染者は多く決して無視できるものではありません。
病理的に説明するのならば、Neisseriagonorrhoeaeという淋菌の感染によって起こります。
その症状はオーラルセックスなどで咽頭に感染すると咽頭炎、性器に感染すると男性の場合では尿道炎、女性の場合では子宮頚管炎になります。
淋病で問題視されるものの一つが、感染してから発病するまでの潜伏期間です。
オーラルセックスによる咽頭の感染や男性器の感染の場合は感染してから数時間から数日で発病します。
女性の場合も発病する時間はほとんど違いがありませんが、自覚症状が現れるまでに時間がかかるのです。
数週間から数ヶ月もの間、自覚症状がないケースも少なくありません。
また病院で診察しても膀胱炎や膣炎と誤診されることもあるのです。
そのまま感染に気づかずに放置したままになると、最悪のケースでは不妊症となってしまうこともあるのです。
科学的に潜伏期間は短いのですが、現実的に考えると潜伏期間は女性の場合は非常に長いことになります。
そのため、感染していることを知らないままに不特定多数の男性と関係を持ったことによって感染を拡大させてしまうケースが往々にしてあるのです。
だからこそ、淋病についてきちんとした理解を深めておくことが非常に重要となります。